税金のプロになる

税金のエキスパート資格といえば、税理士です。
税金に関する相談に乗ってくれたり、申告書類の作成やチェックなどを行ってくれます。
こうした業務をして報酬をもらう仕事は、税理士だけしか行ってはならず、資格を持たずに行うと罰せられます。
それだけ専門性が高い職業といえるでしょう。
税理士になるには、大きく4つの方法があります。
1つは国家試験を受けて合格する道です。
科目ごとの受験もできますが、かなりの難関であり、プロとなるために努力を惜しまないことがポイントになるでしょう。
2つめは、大学院で一定の専門科目を学び、基準をクリアすることです。
大学院に通う費用がかかりますが、比較的通りやすい道かもしれません。
3つめは弁護士の資格を取ることです。
弁護士になると税法や税金に関するアドバイスも、可能になります。
もっとも、一般的には弁護士資格を優先し、税金に関する業務をする人はあまりいません。
4つめは国家公務員試験に合格して税務署に採用され、一定以上の経験を積むことです。

税理士に相談して税金を少なくしてもらう

税理士に相談をすることによって、税金を少なくしてもらうことができます。税に関する法律家の仕事は、税務に関する仕事全般です。社会に存在する企業は全て税金を納めなくてはいけません。税金に関する手続きはかなり複雑な手続きであるため、専門的な知識がない人がこの手続きをしようと考えてもなかなか上手くいかないのです。そのため、専門の法律家に任せる必要があります。税金に関しては、法律的な要素だけではなく会計に関する知識も必要になります。例えば、所得税を支払うことを考えてもきちんとした計算が出来ていないと脱税や粉飾決算になってしまうこともありえます。上場企業でこのようなことをしてしまうと最悪の場合、罪に問われることになってしまうため税金の計算はしっかりと行わなくてはいけないのです。また、税理士が付いていると税務調査の立会いなどで税金を少なくすることも出来ます。税金に関して実際に問題が生じたときには、税務署の職員が立会いの下に税務調査が行われることになります。しかし、税金に関する金額の計算と言うのは多分に税法の知識が必要になるため、半端な知識を有していては税務署の職員に対抗することが出来ません。税金に関しては、税法の解釈の違いによって余計な費用を支払わなくても済むようになることもあるため、専門の法律家が側に付いていてくれれば税務署との法律的な議論によって余計な税金を支払わなくても済むようになるのです。そのため、税理士は非常に重宝する存在なのです。

おすすめWEBサイト 5選

包茎手術

インプラントを鎌倉で行う

町田のオシャレ美容室

イベントTシャツ

2014/10/29 更新

税理士

Copyright © 税金についてのノウハウを! All Rights Reserved.